土地の種類

家を建てる前に住宅地の種類を知っておくことで、より快適な暮らしを手に入れることができます。各住宅地の特徴について紹介します。

住居のための住宅地の名称と目的

第一種低層住居専用地域

低層住宅向けの地域のことを第一種低層住居専用地域といいます。

第一種低層住宅専用地域では建物の高さが約10メートルまでと制限されており、高層マンションを建てることはできません。周囲に飲食店などのない、閑静な住宅街を理想としている人におすすめのエリアであるといえるでしょう。

第二種低層住居専用地域

第二種低層住居専用地域も、第一種低層住居専用地域と動揺に低層住宅向けのエリアです。

そのため、建物の高さが約10メートルまでと制限されており、高層の建物は建てることができません。

しかし、一種とは違い、二種のエリアでは飲食店やコンビニを建てることが可能になります。上記のことから、外食や買い物がしやすいという点において、一種よりも二種の方が生活しやすいかもしれないですね。

第一種住居地域

居住環境を重視しているエリアのことを第一住居地域といいます。第一住居住地域では住居専用地域ほど商業施設の建物を制限していません。

そのため、ホテルや旅館、スポーツ施設などを建設することが可能です。

とはいえ、パチンコやカラオケなどの娯楽施設の建設は禁止されているので、大型のマンションや仕事のための事務所を建てるのに適したエリアでしょう。

第二種住居地域

第二種住居も住居専用のエリアですが、一種とは異なりパチンコやカラオケなどの娯楽施設の建設が認められています。

しかし、娯楽施設を建てることはできますが、住居の方を優先的に考慮しなくてはならないので、娯楽施設を建てる際は周囲の住民からの理解が必要になるでしょう。

準住居地域

準居住地域とは、国道沿いなどで指定されるエリアのことであり、自動車関連の施設と住居を調和させることを目的とした地域です。

他の地域に比べて比較的帰省が緩く設定されているエリアなので、パチンコやカラオケだけでなく、映画館や倉庫、車庫、小規模の工場なども建設することができるでしょう。

住居用の用途地域を選ぶ重要性

家を建てるにあたって、まずは用途地域について調べることが欠かせません。もし用途地域に着いて知らずに住んでしまうと、望んだ生活が手に入らずストレスに悩まされかねません。

そのため、にぎやかさを求めるのであれば商業系の地域を、静かな生活を求めるのであれば第一種低層住居専用地域を選ぶというように、住む場所を探す際には用途地域を事前によく調べておきましょう。

面倒ならば、プロに任せるべき!

土地探しに迷ったときは、プロに任せることをお勧めします。そうすることで、後悔しない土地選びができるでしょう。

なお、家を建てるのであれば、土地・建物両方のプロである会社に頼むべきです。快適な生活を手に入れるためにも、プロに任せることも視野に入れておきましょう。

西尾市、安城市の土地探しに強い 注文住宅会社TOP3

土地探しに強い会社は、土地を吟味して自社で保有している会社です。西尾・安城エリアで分譲地の保有数TOP3の会社を紹介します。
 ※2019年3月13日時点の情報です。

トヨタホーム名古屋
トヨタホーム名古屋の家
引用元:トヨタホーム名古屋公式HP
https://www.toyotahome-nagoya.jp/uchinoie/vol28/
安城&西尾
の分譲地数
11
ハウスジャパン
       ハウスジャパンの家
引用元:ハウスジャパン公式HP
http://www.house-japan.co.jp/order_house/「そらどま」「呼吸する家」そらどまの家/
安城&西尾
の分譲地数
15
カネロク建設
       カネロク建設の家
引用元:カネロク建設公式HP
http://www.kaneroku-k.co.jp/jirei/f5/jirei1.html
安城&西尾
の分譲地数
9