安城市&西尾市 注文住宅パートナーガイド » 注文住宅を「建てる前」に知らないと失敗するポイント » 安城市・西尾市で適用される住宅補助金制度

安城市・西尾市で適用される住宅補助金制度

家を建てるための費用負担はなるべくならば抑えたいものです。そこで安城市・西尾市で行われている住宅建築や購入に対して導入している補助金制度をご紹介します。

安城市の住宅補助金制度

安城市多世代住宅補助金

安城市は令和元年7月1日より多世帯居住のための住宅などの建築やリフォーム、住宅の取得に関しての補助金を交付しています。適用されるのは令和元年7月1日以降に取得、建築された住宅などの費用です。こちらに関しては複雑な要件となるために事前相談の利用が推奨されています。事前相談窓口は安城市の「建築課建築指導係(安城市役所北庁舎3階67番窓口)」となっています。

安城市多世代住宅補助金の対象者

  • 二世代・三世代の要件を満たすこと(二世代…75歳以上の親と子が居住すること/三世代…小学校終了前の子とその親が祖父母などと居住すること)
  • 同居・隣居・近居(半径2キロ以内)を満たす居住形態であること
  • 一戸建て住宅、併用住宅、共同住宅及び長屋のうち、自己所有する住宅であること

安城市多世代住宅補助金の補助対象経費

  • 新築・増築・改築・リフォームの工事費及び建売住宅、マンションを購入する場合の購入費
  • 家具、家庭用電気機械器具等の購入費用は対象外
  • 耐震、アスベスト関連を除く、安城市の他の補助金の対象経費となる部分は対象外
  • 安城市の公共事業に伴い住宅を移転する場合、移転に伴う補償相当の部分は対象外

安城市多世代住宅補助金の補助金額

補助率 限度額 耐震・空き家加算 マチナカ居住
誘導区域加算
合計(最高)
同居 経費の3分の1 70万円 20万円 10万円 100万円
隣居 経費の3分の1 35万円 20万円 10万円 65万円
近居 経費の3分の1 20万円 20万円 10万円 50万円

高齢のご両親や、小さなお子さんがいらっしゃる家庭の方で、これからマイホームを建てようという方にはありがたい補助金制度かもしれません。安城市にお住いの方で要件を満たしそうな方は補助金が受けられるかどうか、事前相談を利用して一度確認してみましょう。

スマートハウス普及促進補助金制度

安城市では一般家庭でもエネルギーの効率的な利用促進を通して温室効果ガス削減を目指し、様々なエネルギー源を利用できるよう、スマートハウス普及促進補助金制度を設けています。対象となる新たなシステムを導入・設置する人は設置工事着手の15日前までに、対象システムがついた住宅を購入する人は引き渡しの15日前までに申請が必要です。

スマートハウス普及促進補助金制度の補助対象システム

  • 太陽光発電システム【補助金額:20,000円/kW(上限80,000円)】
  • 家庭用燃料電池システム【補助金額:設置費用の5%(上限100,000円)】
  • 家庭用リチウムイオン蓄電池システム【補助金額:設置費用の5%(上限100,000円)】
  • 家庭用エネルギーマネジメントシステム(HEMS)【補助金額:設置費用の5%(上限10,000円)】

こちらの補助金は工事前、引き渡し前の申請となりますので、事前に補助金の要件を満たすかどうか、必要書類などの確認をしてみましょう。必要書類が複数あり、また申請書類もシステムによって異なります。申請書類は安城市役所のHPよりダウンロード可能です。

西尾市市の住宅補助金制度

西尾市住宅用地球温暖化対策設備導入費補助金

地球温暖化防止対策として西尾市では「住宅用地球温暖化対策設備導入補助金」が設定されています。西尾市内に居住してこれから対象となる設備を導入・設置予定の人、また対象設備が設置されている住宅を購入する人が主な対象となります。

西尾市住宅用地球温暖化対策設備導入費補助金の対象と金額

  • 住宅用太陽光発電施設、HEMS、定置用リチウムイオン蓄電システムを同時設置【補助金額:190,000円】
  • 住宅用太陽光発電施設、HEMS、電気自動車等充給電設備を同時設置【補助金額:140,000円】
  • 家庭用エネルギー管理システム(HEMS)【補助金額:10,000円】
  • 家庭用燃料電池システム(エネファーム)【補助金額:100,000円】
  • 定置用リチウムイオン蓄電システム【補助金額:50,000円】

省エネ住宅で複数の設備を同時設置したい方には嬉しい補助金制度でした。平成31年4月1日より受付が始まったこの補助金制度ですが、令和2年2月28日で受付期間が終了となっております。詳細は西尾市公式HPなどで情報のご確認をお願い致します。

三世代同居対応の住宅の新築・対応工事費の補助

子育てや介護を家族同士で支えい、その負担を軽減する目的で三世代同居対応の住宅新築や改修工事などに必要な費用の一部を負担する、平成31年度から受付の始まった補助金です。さらにこの補助金を受けることで、フラット35の金利引き下げ(子育て支援型)を受ける条件を1つ満たすことにもなります。

三世代同居対応の住宅の新築・対応工事費の補助の対象

  • 個人が所有する一戸建ての住宅・併用住宅で、賃貸住宅を除いたもの
  • 1棟の家にキッチン、浴室、トイレ、玄関のうち、2種類以上を複数箇所設置する工事

三世代同居対応の住宅の新築・対応工事費の補助の金額

  • 複数箇所設置する工事費の2分の1の額を限度に、30万円を補助

こちらの補助金も、工事着手前の申請が必要です。また工事が複数年度に渡ってしまう場合などでも補助事業の認定を先に行えば交付申請より先に工事を始めることも可能となっています。工事の予定がある方は一度西尾市HPなので詳細の確認をすることをお勧めします。

小さなエネルギーで心地よく暮らせるパッシブデザイン設計が得意!安城市・西尾市の注文住宅会社3
ナルセコーポレーション
安城市の注文住宅・ナルセコーポレーションの施工事例外観
引用元:ナルセコーポレーション公式HP
(https://www.naruse-co.jp/co_photo/6b3df8889fb26c8def1ca0d8-210.html)
アルバックスホーム
安城市の注文住宅・アルバックスホームの施工事例外観
引用元:アルバックスホーム公式HP
(https://albax-home.aisin-ad.co.jp/works/p899/)
ナルセコーポレーション
安城市の注文住宅・ナルセコーポレーションの施工事例外観
引用元:ナルセコーポレーション公式HP
(https://www.naruse-co.jp/co_photo/6b3df8889fb26c8def1ca0d8-210.html)
オカザキホーム
安城市の注文住宅・オカザキホームの施工事例外観
引用元:オカザキホーム公式HP
(https://www.okazakihome.co.jp/works/okazaki_k4.html)

※安城市・西尾市に対応している工務店63社の中で、パッシブデザイン設計に対応していて、プラン設計まで無料で作成している3社をピックアップして紹介しています。さらに、小さなエネルギーで心地よく暮らすためにあると嬉しい+αの項目も調査しました。