西尾市、安城市、幸田町で注文住宅を建てる前に読むサイト

HOME/ 注文住宅を「建てる前」に知らないと失敗するポイント/ 西尾市、安城市、幸田町で注文住宅を建てるための資金計画

西尾市、安城市、幸田町で注文住宅を建てるための資金計画

注文住宅を建てるために必要な資金

注文住宅の購入には、どんな資金が必要なのでしょうか?ばく然と考えると不安ですが、かかる費用について整理するとわかりやすくなります。

住宅購入資金(土地の価格+建物の価格+諸費用)

住宅購入資金に含まれる諸費用には、税金や手数料、別途工事費などが含まれます。一般的に土地と建物を合わせた購入価格のおよそ10%が諸経費の目安です。

住宅ローン

住宅ローンを借りる場合、事務手数料や保証料、印紙税、登記手数料が諸費用として必要です。銀行系の住宅ローンに多い定額方式の一般的な事務手数料は、31,500円です。ネット系の住宅ローンの多くは借入額比例方式で、一般的な事務手数料の目安は借入金額の2.1%となっています。

そのほかにかかる費用

戸建の注文住宅の場合、設計料や測量費が必要になることがあります。ほかにも、地鎮祭や棟上式の費用、引越費用や家具の購入代などさまざまな費用が必要です。ご近所への挨拶まわりも費用がかかるので、どんな項目があるか確認し予算を立てておきましょう。

注文住宅を建てるために必要な自己資金

マイホームの購入には、頭金と住宅ローンを組み合わせるのが一般的。住宅ローンは一般的に購入価格や建設費用の80%が上限となるため、残りの20%程度は頭金となる自己資金が必要です。住宅ローンの諸経費に充てる自己資金も必要なので、手持ち金を全額頭金に回そうと考えている場合はご注意ください。

自己資金を効率よく貯める方法

自己資金を貯めるためには、目標を立ててから積み立て方法を計算するのが効率的です。まず、注文住宅購入のために必要な資金を算出。次に、算出した住宅購入資金のおよそ20%を頭金として計算し、最後に積立金の計画を立てます。積立金の目標設定をしたら、給与の天引き自動積立定期預金など確実に貯蓄できる方法を活用しましょう。

住宅ローンの選び方

住宅ローンは、民間の金融機関が提供するローンと公的期間が提供する公的ローンの2タイプにわかれています。住宅ローンには、「収入基準」という基準があり、年間返済額が収入基準に満たないと融資を受けられません。年齢、年収、返済期間から収入基準が20%となるように、借入可能額を算出しましょう。住宅ローンの金利タイプは、返済期間を通して金利が変わらない「固定金利型」や金利の見直しが行われる「変動金利型」などがあります。メリットとデメリットをよく比較して選ぶのがおすすめです。

住宅ローンの返済計画

住宅ローンで借入をする際のポイントは、20年以上の長期にわたる返済計画が必要なため「いくらなら返済できるか」を基準に考えること。例えば、現在の住まいの家賃と合わせて積立金が準備できれば現実的です。保険の見直しや、不要になる支出がないかチェックをして、住宅ローンの返済に充てましょう。毎月の返済に加えて、ボーナスを上乗せした返済も可能です。ただし、ボーナスは変動が大きいので抑えておいた方が安心な場合も。住宅購入後には、固定資産税や都市計画税がかかります。軽減措置を受けられる可能性があるので確認しておきましょう。

資金計画の際に知らなきゃ損!西尾市、安城市、幸田町で受けられる補助制度

西尾市、安城市、幸田町で注文住宅を建てたら、補助制度を受けられるケースがあります。それぞれの公式ホームページに詳しく記載されているので、ぜひ確認してみてください。

西尾市の注文住宅で受けられる補助制度

西尾市では、平成33年12月末までに新築して入居した場合を対象に、「市民税・県民税の住宅借入金等特別控除(住宅ローン控除)」が受けられます。所得税から住宅ローン控除を引ききれなかった場合、条件を満たすと住民税から住宅ローン控除が受けられるというものです。

安城市の注文住宅で受けられる補助制度

安城市でも西尾市と同様に、住宅ローン控除が受けられます。また、「住宅用太陽熱温水器」や「住宅用太陽熱高度利用システム」の設置に対する補助金制度も設けています。環境の負担軽減に貢献でき、補助金を受けられる制度です。スマートハウス普及促進補助金制度では、機器つきの住宅を購入すると助成金を受けられます。

幸田町の注文住宅で受けられる補助制度

幸田町でも、所得税から住宅ローン控除を引ききれなかった場合、条件を満たすと「個人住民税の住宅借入金等特別控除(住宅ローン控除)」が行われています。また、新エネルギーシステムの設置に対する補助金制度によって、町民への導入促進を実施してきました。