西尾市、安城市、幸田町で注文住宅を建てる前に読むサイト

HOME/ 西尾市、安城市、幸田町の住みやすさと注文住宅事情

西尾市、安城市、幸田町の住みやすさと注文住宅事情

愛知県は中部地方においては最大数の人口を持ち、とりわけ県庁所在地の名古屋市は全国的にも有名な都市です。尾張地方、西三河地方、東三河地方の3つのエリアに分類され、西尾市・安城市・幸田町は西三河地方に属します。

交通面からみると発展している名古屋市が良いのですが、愛知県は国内でも自家用車普及台数1位の車社会。なので、あえて名古屋市内に的を絞った家づくりよりも、車を所持しやすい地域を探す人が少なくありません。都会的な要素と自然の要素が程よく合わせた場所での家探しが、土地を探すポイントとなります。

西尾市

碧南市、安城市、岡崎市、蒲郡市、額田郡幸田町に隣接する市。ポリルア市(ニュージーランド国ウェリントン地方)の姉妹都市で、抹茶やコチョウラン、綿スフ(ステープル・ファイバー)織物などが活発。久麻久神社本殿や天然記念物・上永良神明社の大椎の木、国の史跡・正法寺古墳などの名所はもちろん、昔から伝わる無形民俗文化財の祭りの数も多く、愛知県の中でも歴史を感じるエリアとなっています。

不動産相場としては、1732市町村内では280番台(平成28年度)です。

<西尾市の特徴と交通事情>

安城市

愛知県のほぼ真ん中にある市。同じ県内でも、どの市よりも夏は暑く冬は寒い内地性の気候が特徴的なエリアとなっています。いち早く用水開通するなど、農業面での進歩が著しい地域でしたが、高度成長期における工場の進出から、近年では機械工業が盛ん。観光では、夏におこなわれる安城七夕まつりが有名で、100万人もの観光客が訪れています

不動産相場としては、1732市町村内では120番台(平成28年度)です。

<安城市の特徴と交通事情>

幸田町

筆柿が国内95%もの生産量を持ち、自動車工業を中心とした製造業が活発な町。伝統芸能「三河万歳」が国の重要無形民俗文化財に指定されており、家康・秀忠・家光と徳川3代将軍に仕えた直参旗本・大久保彦左衛門忠教が住んでいた事でも有名です。「幸戦隊コウタレンジャー」と呼ばれるローカルヒーローが町の安全を守ります。

不動産相場としては、1732市町村内では200番台(平成28年度)です。

<幸田町の特徴と交通事情>